Feature

ラスベガスの特徴

ご利用者様が自ら「行きたい場所」と考える
デイサービス ラスベガスの特徴をご紹介します

デイサービス ラスベガスとは

デイサービス ラスベガスは
「ゲーミング」の要素を取り入れた施設です。

「ゲーミング=カジノ遊び」と単純にとらえる方もございますが、本来は 教育訓練や理論的研究のために、 現実に起こっている事象をモデル化し、ゲーム形式にしたもの。 あるいは、研修やビジネスにゲーム要素を 取り入れることを指します。

ラスベガスは、時に単調でご利用者様が負担に感じる機能訓練を少しでも長く続けていただくために ゲーミングの根本である「楽しくなければ続かない」という理念を最大限に活用し、ご利用者様が自ら楽しく 機能訓練に取り組める介護施設です。

デイサービス ラスベガスの「こだわり」

ラスベガスは実際のご利用者様の声からフィードバックされたこだわりのサービスを提供しています。

そんなこだわりの数々をご紹介します。

ラスベガスの送迎サービス

CLICK HERE

リハビリテーション

CLICK HERE

レクリエーション

CLICK HERE

お風呂(ベガスパ)

CLICK HERE

お食事

CLICK HERE

施設・環境

CLICK HERE

ラスベガスの送迎サービス

ラスベガスの送迎車は黒色の乗用1BOXを利用しています。介護事業者の送迎車といえば白色の業務用1BOXが大多数ですが、あえて黒い乗用1BOXを利用することで、施設をご利用いただく方が「ラスベガスに行くんだ」「楽しいサービスに行くんだ」という思いを持ってほしい、という願いを込めております。

実際にご利用者様にも大変ご好評をいただき、毎日笑顔で乗り込んで行かれるご利用者様をみると大変うれしく思います。

ご利用者様から頂いた声を反映!

特に男性のご利用者様からお聞きする声として「デイサービスに通っていることをあまりご近所さんに知られたくない」というご意見がございます。自宅前に白塗りの○○介護と書かれた車が停車することで、すぐにご近所さんに知られてしまいます。ラスベガスではそんな声を反映し、一見デイサービスの送迎車とは思えない黒ベースの送迎車をご用意させていただきました。

リハビリテーション

ラスベガスでは主に「全体運動」「部分運動」「個別リハビリ」の3種類のリハビリプログラムをご用意し、ご利用者様それぞれにあった機能改善が行えるようにいたしました。「運動をやらされる」というイメージを無くし、「運動することは気持ちよい」と感じていただけるように工夫しています。

全体運動では、専任のアスレチックトレーナーのもと考案された、軽快な音楽に合わせ楽しく行える独自の「VEGA Stretch」を職員も一緒になって行います。またレクリエーションで利用する施設内通貨「ベガス」をリハビリを行うことで獲得出来るようにするなど、目的をもって運動に取り組めるなど、同じ運動であっても意識の高いリハビリが行えるようになっています。

ご利用者様から頂いた声を反映!

他のデイサービス施設では、決められた運動を決められた時間にただやらされるため、非常に苦痛な時間と感じていました。機能改善のために必要な物ではありますが、グーパー体操など、高齢者が自主性をもって取り組める運動ではありません。

ラスベガスでは、全体運動では音楽とリズムに合わせ楽しく行えるサービスとし、部分運動や個別リハビリでは、ご利用者様のご希望とタイミングで自主性をもって取り組んで頂ける内容といたしました。

レクリエーション

身体機能向上と合わせ、高齢者がより健康的に生活する上で必要な要素が、認知機能の向上と脳機能の活性化です。自ら考え判断し、計算や記憶を行うためにラスベガスではゲーミングの要素を取り入れ、ご利用者様に楽しくゲームを行いながら各種機能の向上に努めてもらっています。

レクリエーションが単なる休憩時間ではなく、自ら考え行動できる時間となることで、脳機能の活性化にもつながりますし、ルールの遵守やゲームを通しての交流などで自然とご利用者様同士のコミュニケーションも行われます。勝つ、負けるといった感情に刺激を与えることができるため、楽しみながら脳機能を活性化することができます。

ご利用者様から頂いた声を反映!

デイサービスのレクリエーションといえば、計算ドリルに塗り絵など、テーブルで一人で行う物がほとんどでした。高齢者の男性などが、一人で塗り絵や計算ドリルを行うことなど、それだけで苦痛に感じている方も多く、やりたくないという意見も多数いただきました。

ラスベガスでは、楽しく脳を活性化できるという目的に対し、もっとも適したものとして「ゲーミングの要素」を取り入れたサービスを導入いたしました。楽しくゲームを行うだけで意識せずに脳機能を活性化できる上に、コミュニケーションや自主性の点でも高い効果を発揮しています。

お風呂(ベガスパ)

ラスベガスのお風呂は、専用のユニフォームを身にまとった介護職員の介助を受けながらお一人様ずつゆっくりと入浴して頂く事が可能です。一部の全体運動などを除き、ご利用者様のご意志に合わせて比較的自由なスケジュールを可能にしたことで、お風呂の時間もゆっくりととれるようにいたしました。

ラスベガス専用の入浴施設「ベガスパ」はお体への負担も軽く、介護職員とお話をしながらゆったりとしたお時間をお過ごし下さい。


※ 入浴施設が無い施設もございます。詳しくは各店舗までお問い合わせください。

ご利用者様から頂いた声を反映!

一般的なデイサービスでは、全員のスケジュールが同じため、一斉にお風呂に入浴することになり、まさに時間との闘いで業務的に流れ作業のように行われるのが普通でした。お風呂ぐらいもっとゆっくり浸かりたいと思うのに、1、2分で次々と交代させられてしまいます。

ラスベガスでは、ゆっくり浸かりたいというご利用者様の声に合わせ、比較的自由なスケジュールを組むことで、一人あたりの入浴時間を劇的に改善しました。またお風呂は皆様大変楽しみにしてみえるため、施設や介護職員の衣装にもこだわり、よりいっそうリラックスして頂けるようにいたしました。

お食事

ラスベガスのお食事サービスは「選べる時間」、「選べるメニュー」を基本にしており、ご利用者様に「選択できる喜び」をご提供しております。

お食事時間に、ご利用者様同士が楽しくお話していただいているのも弊社の自慢です。

ご利用者様から頂いた声を反映!

いつも決まったメニューを決められた時間に食べさせられるのは、時に苦痛を感じるご利用者様がいらっしゃいました。施設に来られるようになって、だんだんと食事を食べられなくなるご利用者様に、職員としても心を痛めておりました。

食事の時間やメニューをお選びいただけるようにし、少しでもご利用者様のご希望に合わせることが出来るようになり、非常にご好評頂いております。もちろん味がおいしいことは何よりも重要なことですね。

施設・環境

ラスベガスでは本場のラスベガスにも劣らない、華やかな環境を再現しております。 楽しくリハビリやレクリエーションを行って頂くためには、まずその雰囲気づくりが大切です。同じゲームをするのでも、白い壁の会議室で行うのと、本場のカジノスペースで行うのとでは、まったく楽しさが違います。

重要なことは「ご利用者様が楽しく過ごしていただくこと」、そして何より「介護施設を感じさせないこと」です。一人一人のご利用者様が最後まで楽しい時間を過ごして頂けるようにラスベガスでは細部までこだわった施設、環境作りを行っています。

施設

レクリエーションからリラクゼーションまで、充実の設備でお待ちしております。非日常的な空間で過ごす、ラスベガスだけの特別な時間をお楽しみください。

制服

リラックスしてお過ごし頂けるよう、あえて介護感が少ない制服を用いています。身体介護に問題のない動作しやすい仕様です。

記念紙幣

様々な挑戦をして頂きたく「記念紙幣チャレンジ」を開催しています。条件を満たすと記念の写真とご当地ベガスをお渡しします。

パスポート

日々の記録をつけて頂く「LVパスポート(システム手帳)」をお渡ししております。目標確認、カレンダー、リハビリ内容などが含まれております。また、連絡帳としても使用しております。

「数字で見る」ラスベガス

デイサービス ラスベガスは
「ゲーミング」の要素を取り入れた施設です。

ラスベガスの特徴そして数々のこだわりを見て頂きましたが、いかがでしょうか?ラスベガスでは、高齢者を高齢者扱いせず、自ら考え挑戦することで、笑顔で楽しく過ごしていただくデイサービスを目指しています。

そんな私たちの取り組みを客観的に数値にしたものが下記データです。我々の考えに賛同していただき取り組んでいただいた方々の結果が数字となって現れ始めています。

ラスベガスの機能訓練

1日あたりの機能訓練時間

一般的な介護施設の約1.35倍の機能訓練時間!

  • 全国平均:厚生労働省発表 2014.4.1 - 2015.3.31の1年後の介護度変更の調査
  • ラスベガス:半年以上のご利用者様を対象に調査(平均利用日数379日)

ラスベガスご利用者様の介護度の変化の推移

ラスベガスご利用者様の要介護度の「改善・維持」の割合

要介護認定後の維持・改善率すごい!

※デイサービス ラスベガスの統計

杉並区の参考数値との比較

要介護認定後から2年後の維持・改善率

※ 平成22年4月 東京都杉並区の要支援・要介護の全員 10,249名

ご利用者様3ヶ月後のアンケート

※ ご利用3ヶ月後のアンケートの5段階評価回答より「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」の回答を合算した数。(N=99)